仕事効率化の時間術が知りたい

時間の無駄を減らしてみる

悩んでいる時間を減らす

仕事の完成度を上げる為に試行錯誤するのは無駄ではないのですが、締め切り間際になって終わらない仕事について悩んだり、わからない仕事を誰にも聞けずに悩んでいると言うのは時間の無駄になってしまします。

仕事の段取りが上手くいかないのなら、やらなくてはならない事を箇条書きにしてみて、優先順位を決めてみると良いかもしれません。

わからない事はそのままにしておいても良い事はないので、誰かに聞くなどして早めに解決しておかないと、もっと迷惑をかける結果になってしまいます。

悩んでいる時間が5分だったとしても、それを60回繰り返してしまえば5時間悩んでいる時間で使ってしまった事になります。
仕事をする上での5時間は大きいですよね。

意識を変える事で無駄を減らす

行き当たりばったりや適当に決断をしてしまうのは問題ですが、仕事をする上では決断力の速さは重要になります。
迷う事があるのは仕方ないにしても、検討する事にあまりに時間を取られてしまうと仕事に遅れが出てしまいます。

仕事が出来る人はきっと決断力も早いのではないかと思います。

仕事を進める上で悩みやすいタイプは、日常生活でも悩みやすかったり優柔不断な部分があるかもしれません。
プライベートでも何を食べようか、どこへ出かけるか、何を買うかでいつも悩んでしまい決断するのが苦手と感じることはないでしょうか。

些細な事で悩む時間は勿体ないのでなるべく早く行動に起こす事、を意識するだけでも時間の無駄を減らす事が出来るはずです。


TOPへ戻る